fixpage_ja-rb-authors.php


Similarity Check

投稿方法

NEW 投稿査読システム Fujipress Manuscript Manager の運用を開始しました(2024年7月8日より)

投稿を希望される方は、下記の投稿サイトからオンラインで投稿を行ってください。原稿はPDF形式のものをご投稿ください。

Fujipress Manuscript Manager:https://mm.fujipress.jp/jrm

投稿に当っては、アカウントを作成する必要があります。下記マニュアルを参照のうえ、ご投稿ください。


和文原稿を投稿する場合
2024年4月1日以降の投稿につきましては、査読の前に小社にて英文に翻訳することになりました。不採録の場合は翻訳料のみ費用が発生いたします。
※誤訳を防ぐため、テクニカルタームの対訳表もあわせて投稿時にご提出をお願いいたします。


投稿要件

Journal of Robotics and Mechatronics (JRM)に投稿するには、下記4点を満たしている必要があります。

  • 投稿される論文原稿が著者オリジナルの論文であること
  • 投稿時に他所において掲載の申請・審査を行っていないこと
  • 投稿以前に他の公開出版物に掲載・公表されたことがないこと
  • 全ての著者から投稿の許諾を得ていること

原稿フォーマット(テンプレート)

論文原稿の作成には、JRMフォーマットを使用するようにしてください。下記よりJRMのLaTeX フォーマット及びMS Wordフォーマットをダウンロードいただけます。

[JRM用LaTeXフォーマット] (マニュアル、クラスファイル、サンプルPDFファイルが含まれます)

zipjrm_lualatex.zip for LuaLaTeX NEW 注) 日本語を記述される場合は設定が必要です。詳しくはマニュアルをお読み下さい。
zipjrm_uplatex.zip  for upLaTeX NEW
zipjrm_v3.5.5.zip (previous version)

[JRM用MS Wordフォーマット]

* LaTeX・MS Wordとも、テンプレートは英語・日本語共用になっております。日本語原稿を作成される場合も、上記ファイルをご使用いただきますようお願いいたします。

文献引用について

研究の位置付けと意義を明確にする為、国内外の関連する文献について調査を行い、十分な数(20件程度以上)の引用文献を挙げてください。
JRM誌掲載論文は全て、本サイト上で無料で検索(論文タイトル、キーワード等)・閲覧できますので、関連するJRM掲載論文を引用するようお願いいたします。

*JRM論文を引用する際は、ジャーナル名は下記のように略して記述いただきますようお願いいたします。
[正式な略記] J. Robot. Mechatron.

JRMは下記原稿種別を設けています。

  • Papers 研究論文
  • Development Reports 開発報告
  • Letters レター
  • Junior Letters ジュニアレター
  • Discussions 討論
  • Reviews 総説

どの投稿種別でご投稿頂いても、規定の査読を行います。
論文種別によって査読基準が異なりますので、投稿時に論文種別を選択下さい。原則として投稿後にタイトル、著者(著者順)、原稿種は変更できません。(エディターの判断で変更をお願いする場合がございます。)

著作権について

投稿原稿が採録された場合、掲載論文の著作権につきましては富士技術出版株式会社に譲渡していただきます。 掲載論文は、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンス CC BY-ND 4.0  Creative Commons License(https://creativecommons.org/licenses/by-nd/4.0/) の下に掲載・公開されます。

詳細は Copyright Policy (英文) をご覧ください。

投稿規定

論文をご投稿頂く際には必ず下記の投稿規定を予めご参照下さい。


査読について

投稿された論文原稿は匿名の査読者2名によって審査され、論文の独自性、妥当性、新規性、研究方法、研究内容に見合った文献の引用は勿論、その論文内容と結論から論文掲載の可否を判定します。(JRMでは「採録」「条件付採録」「照会(修正後再提出)」「不採録」によって論文を判定します。)
2名の査読者の判定結果が揃いましたら、担当エディターによる総合判定を行い、編集部より査読結果を投稿者に通知致します。

JRMでは原則として3ヶ月以内に初回の査読結果を通知致します
※尚、査読手続き上の都合により、査読結果のご連絡が多少遅れる場合がございます。

査読後修正された原稿は再び査読者によって審査されます。査読者の確認後、最終的な論文の掲載可否を判定し、結果を投稿者にお伝えします。


掲載費用について

● 掲載料金改訂のお知らせ(2024年6月1日以降の投稿から適用します)
pdf 新価格(2024年6月1日より適用) (PDF)

2024年6月1日以降については上記の新価格表が適用されます。2024年5月31日までの投稿論文の料金は下の欄をご覧ください。

掲載料金
掲載料は英文投稿の場合、1論文あたり¥187,000(消費税込)です。
最終投稿原稿がWORDファイルの場合、追加費用として¥11,000(消費税込)をいただきます。
和文投稿の場合は、1ページあたり¥13,200 (消費税込)の追加料金をいただきます。和文投稿料計算の際のページ数は、英文化した原稿の単語数(図表部分を含む)から計算し、刷り上がりページとは異なる場合がございます。掲載料には英文校閲作業料金が含まれます。
詳しい掲載料金に関しては上記価格表(PDF)をご確認下さい。
別刷について
別刷の注文は、原則として100部単位で承ります。価格は論文が12頁までの場合、100部あたり¥16,500 (消費税込)となります。 12頁を超える場合は、4頁ごとに¥4,400 (消費税込)の追加料金をいただきます。別刷はカラーで印刷されます。カラー図が含まれていても別刷料金は変わりません。

ご請求に関しまして
通常の場合、見積書・請求書・納品書の三点を論文掲載号の発刊時にお送りいたします。
ご指定のある場合は、掲載・別刷申込書の備考欄にご記入ください。請求書発送後の支払い処理でご指定のある場合は、emailまでお問い合わせ下さい。ご対応させて頂きます。

● 2024年5月31日までの投稿の場合
掲載料金
掲載料は英文投稿の場合刷り上がり1ページあたり¥14,300、和文投稿の場合同1ページあたり¥26,400 (ともに消費税込価格)になります。英文原稿の料金には英文校閲作業料金、和文原稿の料金は英文の翻訳及び校閲作業料金を含みます。
カラー印刷料金は、上記掲載料に加えて1ページあたり¥25,300(消費税込)になります。含まれるカラー図の点数は関係ありません。
詳しい掲載料金に関しては上記価格表(PDF)をご確認下さい。
別刷について
別刷の注文は、原則として100部単位で承ります。価格は論文の頁数によらず100部あたり¥13,200 (消費税込)となります。 また、カラー図が含まれていても別刷料金は変わりません。
※海外への発送の場合、発送料金が別途必要になります。

提出用書類データ(採録後)

論文採録後に提出が必要な書類

論文が採録になりましたら、下記の書類をご提出ください。

  • 掲載同意書(別刷申込書)
  • 著作権契約書
  • 原稿の電子ファイル(参考文献、キーワードも含む) 形式:MS WordまたはLaTeX
  • 図のファイル(jpg, png, pdf形式推奨)
  • 略歴・顔写真(各著者分)

詳しくは下記の最終原稿寄稿要領をご参照ください。

提出用書類データ一式

下記の書類データは採録後にご提出願います。投稿時には必要ありません。

[PDF 形式]

[MS Word 形式]

[書類一式]




お知らせ: 2013年末日をもって、一般社団法人日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門とのJRMの共同編集は終了しました。

*このサイトは HTML5とCSS3用にデザインされていますので Chrome, Firefox, Safari, Edge, Opera等をお使いください。

サイト更新日 2024年7月23日