Announcement

single-announce.php

特集号企画の募集 Call for Special Issue

提案書のダウンロード

JRMでは、今後発行される特集号の企画を皆様より募集しています。特集号とは、特定のテーマに沿った論文を集めて同一の号に掲載するものです。特集号は通常JRM編集委員会にて企画を立案していますが、より幅広い視点から最新の知見を取り入れるため、皆様からの提案を公募することにいたしました。

ぜひJRMでゲストエディターとして特集号を企画・編集してみたいという方は、次ページの応募フォームに企画内容を記入し、JRM編集部(robot@fujipress.jp)までメールでご送付ください。編集委員会での審査の後、可否をお知らせいたします。

特集号およびゲストエディターについて
【内容】
1つの特集号につき10編前後の原著論文で構成されます。研究論文以外にも、レビュー(解説記事)1編や開発報告などを含めることもできます。投稿可能な原稿の種類に関しては投稿規定をご参照ください。
[投稿規定]
https://www.fujipress.jp/main/wp-content/themes/Fujipress/JRM/pdf/rb_instruction_address_J.pdf
JRMは年6回、偶数月20日発刊ですので、そのいずれかの巻号に掲載されます。
【資格】
・ロボティクス・メカトロニクスの分野において深い専門知識を持っていること(博士の学位を有すること、もしくは同等の能力を持つことが望ましい)。
・学術研究機関において研究業務に従事した経験があること。
【役割】
・特集号の論文募集を行い、特集テーマに沿った原著論文を集めます。
・ゲストエディターは特集号に投稿された論文について、査読者の選定や査読進行の管理を行っていただきます。
・査読者の割り当てにあたっては、編集委員会と共同で考えていただきます。
・ゲストエディターの人数は通常1名~5名程度です。
・査読および論文採否の基準・方法については編集委員会が定める規則に準じます。

JRM全般について
<掲載料>
論文の採録後、出版にあたっては規定の掲載料がかかります。詳細はJRMホームページをご覧ください。https://www.fujipress.jp/jrm/rb-authors_ja/
<オープンアクセス>
JRMに掲載された論文の電子版PDFは全て無料で公開されます。掲載料以外に別途料金はかかりません。

JRM特集号企画 提案書
上記よりダウンロードして必要事項を記入し、robot@fujipress.jpまでお送りください。

*This site is desgined based on HTML5 and CSS3 for modern browsers, e.g. Chrome, Firefox, Safari, Edge, IE9,10,11, Opera.

Last updated on Nov. 18, 2019