fixpage_ja-jc-about.php

ジャーナル紹介

Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII)は1997年創刊の計算知能や知能情報処理に関する英文論文誌です。

対象となる分野はファジイ論理、ファジイ制御、ニューラルネットワーク、遺伝的アルゴリズム・進化的計算、ハイブリッドシステム、適応・学習システム、 分散知能システム、ネットワークシステム、マルチメディア、ヒューマンインターフェース、生物的進化システム、人工生命、カオス、複雑系、フラクタル、ロボティクス、 医療応用、パターン認識、バーチャルリアリティ、ウェーブレット解析、科学的応用・産業的応用・芸術的応用などですが、必ずしもこれらに限定されません。

JACIIIは以下の団体と提携しています。
International Fuzzy Systems Association (IFSA)
日本知能情報ファジィ学会 (SOFT)
Brazilian Society of Automatics (SBA)
計測自動制御学会 (SICE)
John von Neumann Computer Society (NJSZT)
Vietnamese Fuzzy Systems Society (VFSS)
Fuzzy Systems and Intelligent Technologies Research Society of Thailand (FIRST)
Korean Institute of Intelligent Systems (KIIS)
Taiwanese Association for Artificial Intelligence (TAAI)

インデックス情報

JACIII誌の論文情報は小社論文データベース"FINDER"のほか、下記のウェブサイト、サーチエンジンにも登録されています。

Emerging Sources Citation Index (ESCI)
Emerging Sources Citation Index (ESCI)は、Thomson Reuters社が2015年に新たに構築した地域的に重要なジャーナルや新しい注目分野のジャーナルをカバーするIndexです。ESCIはWeb of Science Core Collectionを構成する8つのファイル(Science Citation Index Expanded [SCIE]を含む)の一つとして新たにつくられたもので、特定の地域における重要なジャーナルや、新進で注目されている分野における重要なジャーナルを収録します。ESCIに収録されることで、掲載論文はWeb of Scienceで検索可能となります。また、SCIEへの収録の審査も継続して行なわれることになります。
Scopus
Scopus(スコーパス)は、エルゼビア社による世界最大の査読付き論文誌のアブストラクト及び引用データベースです。5000以上の出版社より2万タイトルを収録しています。
Compendex (Ei)
エルゼビアが作成する、世界で最も幅広く工学分野をカバーする書誌データベースです。6,500以上の雑誌、会議録を収録しています。1,000タイトル以上のArticles in Pressも収録しています。1969年以降、1,500万件以上のレコードを収録しています。毎週更新。
DBLP
DBLPはドイツのトリーア大学コンピュータ科学で作られたデータベースで、主要なコンピュータ科学の雑誌や会議録についての書誌情報を提供しています。230万件以上のタイトルを収録し、コンピュータ科学の研究者のホームページへのリンクも多く収蔵しています。
Scirus
Scirus(サイラス)は、総合的な科学専用インターネット検索エンジンです。最新の検索エンジン技術を用い、5億件以上の科学関連Webページを迅速に検索することができます。
Ulrichsweb™ Global Serials Directory
Ulrichsweb™ は図書目録と出版社情報に関して権威ある情報ソースです。全ての専門的な学術領域を扱う論文誌、オープンアクセス刊行物、査読付き論文誌、雑誌、新聞、ニュースレターなど、世界中から集められた30万件以上のデータを目録として収蔵しています。
Genamics JournalSeek
Genamics JournalSeek はフリーで利用可能な論文誌の情報をカタログ化して収蔵しているデータベースです。
現在データベースには10万件以上のタイトルが収蔵されています。論文誌情報にはジャーナル名の略記のほか、ホームページリンク、研究分野、ISSNが記述されています。
Open J-Gate
Open J-Gate は2006年に開設された学術誌を扱うポータルサイトです。OAIを推進することを目的としたInformatics (India) Ltd の出資により運営されています。Open J-Gate はウェブ上で利用可能な膨大な数の論文記事をシームレスにアクセスできます。
またOpen J-Gate は7000件以上のオープンアクセスジャーナルと、その出版社リンクを収蔵するデータベースでもあります。
J-Global
独立行政法人科学技術振興機構 (JST) が運営している“つながる”、“ひろがる”、“ひらめく”をコンセプトに、研究者、 文献、特許、研究機関、研究課題、科学技術用語、化学物質、遺伝子、資料、研究資源に渡る 様々な科学技術に関する基本的情報を整理した新しいサービス
国立国会図書館サーチ
「国立国会図書館サーチ」(NDL Search)は、国立国会図書館の新しい検索サービスです。国立国会図書館をはじめ、全国の公共図書館、公文書館、美術館や学術研究機関等が持つ豊富な「知」をご活用いただくためのアクセスポイントとなることを目指しています。
CiNii Articles – 日本の論文をさがす
「CiNii Articles – 日本の論文をさがす」は、学協会刊行物・大学研究紀要・国立国会図書館の雑誌記事索引データベースなど、学術論文情報を検索の対象とする論文データベース・サービスです。

Editorial Board

Honorary Editor
Lotfi A. Zadeh
Honorary Editor:
Lotfi A. Zadeh

University of California, U.S.A.
pdf Greeting from Honorary Editor Lotfi A. Zadeh (2.25MB)
 
Editor in Chief
Kaoru Hirota Toshio Fukuda
Editor in Chief:
Kaoru Hirota

Beijing Institute of Technology, China
Japan Society for the Promotion
of Science, Beijing Office, China
Editor in Chief:
Toshio Fukuda

Meijo University, Japan
Advisory Editors
J. Bezdek D. Fogel Y. Hatakeyama N. Kasabov J. Koza
J. Bezdek
Univ. of West Florida, U.S.A.
D. Fogel
Natural Selection, Inc., U.S.A.
Y. Hatakeyama
Kochi Univ., Japan
N. Kasabov
Auckland Univ. of Technology, New Zealand
J. Koza
Stanford Univ., U.S.A.
L. T. Kóczy V. Kreinovich R. J. Marks II M. Mukaidono I. J. Rudas
L. T. Kóczy
Technical Univ. of Budapest, Hungary
V. Kreinovich
The Univ. of Texas at El Paso, U.S.A.
R. J. Marks II
Baylor Univ., U.S.A.
M. Mukaidono
Meiji Univ., Japan
I. J. Rudas
Óbuda Univ., Hungary
E. Ruspini P. Sincák I. B. Turksen R. R. Yager H.-J. Zimmermann
E. Ruspini
SRI International, U.S.A.
P. Sincák
TU Košice, Slovakia
I. B. Turksen
Univ. of Tronto, Canada
R. R. Yager
IONA College, U.S.A.
H.-J. Zimmermann
RWTH Aachen, Germany
Editorial Members
R. A. Aliev A. Bargiela M. Beldjehem D. Berrar L. Chen
R. A. Aliev
Georgia State Univ., U.S.A.
A. Bargiela
Univ. of Nottingham, UK
M. Beldjehem
Sainte-Anne Univ., Canada
D. Berrar
Tokyo Institute of Technology, Japan
L. Chen
China Univ. of Geosciences, China
S.-B. Cho E. P. Dadios Y. Dai L. Ding F. Dong
S.-B. Cho
Yonsei Univ., Korea
E. P. Dadios
De La Salle Univ., Philippines
Y. Dai
Beijing Institute of Technology, China
L. Ding
National Univ. of Singapore, Singapore
F. Dong
Tokyo Institute of Technology, Japan
J. Ezzine T. Furuhashi Q. Ha M. Hagiwara T. Hashimoto
J. Ezzine
Ecole Nationale d’Ingénieurs de Tunis, Tunisia
T. Furuhashi
Nagoya Univ., Japan
Q. Ha
Univ. of Technology, Australia
M. Hagiwara
Keio Univ., Japan
T. Hashimoto
Saitama Institute of Technology, Japan
Y. Hatakeyama I. Hayashi N. Ikoma A. M. Iliyasu A. Inoue
Y. Hatakeyama
Kochi Univ., Japan
I. Hayashi
Kansai Univ., Japan
N. Ikoma
Nippon Institute of Technology, Japan
A. M. Iliyasu
Salman Bin Abdulaziz Univ., Saudi Arabia
A. Inoue
Eastern Washington Univ., U.S.A.
M. Inuiguchi H. Ishibuchi Y. Jiang G. Kang D. Katagami
M. Inuiguchi
Osaka Univ., Japan
H. Ishibuchi
Osaka Pref. Univ., Japan
Y. Jiang
The Univ. of Electro-Communications, Japan
G. Kang
Pukyong National Univ., Korea
D. Katagami
Tokyo Polytechnic Univ., Japan
K. Kawamoto D. H. Kim S. Kovács N. Kubota C.-S. Lee
K. Kawamoto
Chiba Univ., Japan
D. H. Kim
Hanbat National Univ., Korea
S. Kovács
Univ. of Miskolc, Hungary
N. Kubota
Tokyo Metropolitan Univ., Japan
C.-S. Lee
National Univ. of Tainan, Taiwan
J. Lee K. H. Lee Z. Liu Z. Luo S. Mabu
J. Lee
National Taiwan Univ., Taiwan
K. H. Lee
Korea Advanced Institute of Science and Technology, Korea
Z. Liu
China Univ. of Geosciences, China
Z. Luo
Harbin Univ. of Science and Technology, China
S. Mabu
Yamaguchi Univ., Japan
Y. Maeda K. Miyazaki C. K. Morooka K. Nagasaka Y. Narukawa
Y. Maeda
Institute of Technologists, Japan
K. Miyazaki
National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education, Japan
C. K. Morooka
State Univ. of Campinas, Brazil
K. Nagasaka
Tokyo Univ. of Agriculture & Technology, Japan
Y. Narukawa
Toho Gakuen, Japan
L. T. Ngo C. Nyirenda M. Ohsaki T. Onisawa I. Ono
L. T. Ngo
Le Quy Don Technical Univ., Vietnam
C. Nyirenda
Univ. of Namibia, Namibia
M. Ohsaki
Doshisha Univ., Japan
T. Onisawa
Univ. of Tsukuba, Japan
I. Ono
Tokyo Institute of Technology, Japan
G.-K. Park W. Pedrycz P. M. Pinto C. Pozna D. Ralescu
G.-K. Park
Mokpo National Maritime Univ., Korea
W. Pedrycz
Univ. of Alberta, Canada
P. M. Pinto
Univ. of Trás-os-Montes e Alto Douro, Portugal
C. Pozna
Univ. Transilvania din Brasov, Romania
D. Ralescu
Univ. of Cincinnati, U.S.A.
G. N. Ramos M. Sato-Ilic A. Sharma J. She E. Shimokawara
G. N. Ramos
Univ. of Brasilia, Brazil
M. Sato-Ilic
Univ. of Tsukuba, Japan
A. Sharma
Univ. of the South Pacific, Fiji
J. She
Tokyo Univ. of Technology, Japan
E. Shimokawara
Tokyo Metropolitan Univ., Japan
K. Takadama H. Takahashi Y. Takama K. Tenekedjiev V. Torra
K. Takadama
Univ. of Electro­Communications, Japan
H. Takahashi
Shonan Institute of Technology, Japan
Y. Takama
Tokyo Metropolitan Univ., Japan
K. Tenekedjiev
Nikola Y. Vaptsarov Naval Academy, Bulgaria
V. Torra
Univ. of Skovde, Sweden
K. Uehara J. Watada K. Watanabe M. R. Widyanto K. W. Wong
K. Uehara
Ibaraki Univ., Japan
J. Watada
Waseda Univ., Japan
K. Watanabe
Okayama Univ., Japan
M. R. Widyanto
Univ. of Indonesia, Indonesia
K. W. Wong
Murdoch Univ., Australia
Y. Yamazaki F. Yan J. Yi K. Yoshida G. Zhu
Y. Yamazaki
Kanagawa Institute of Technology, Japan
F. Yan
Changchun Univ. of Science and Technology, China
J. Yi
Institute of Automation, Chinese Academy of Sciences, China
K. Yoshida
Kyushu Institute of Technology, Japan
G. Zhu
Guilin Univ. of Electronic Technology, China

*Unauthorized use of photos is prohibited.

*このサイトは HTML5とCSS3用にデザインされていますので Chrome, Firefox, Safari, Edge, IE9,10,11, Opera等をお使いください。

最終更新日 2017年12月12日