single-cfp.php

Call for Papers

Before Submission, please refer to "Materials for Submission" and "Submit a Manuscript".

JRM Vol.29 No.4, Aug. 2017 [締切延長]

Special Issue on “Real World Robot Challenge in Tsukuba – Autonomous Technology for Coexistence with Human Beings –”

Submission Deadline: January 20, 2017 February 28, 2017
Editors: Prof. Yoshihiro Takita (National Defense Academy of Japan, Japan)
Prof. Shin'ichi Yuta (Shibaura Institute of Technology, Japan)
Guest Editors: Prof. Takashi Tsubouchi (Tsukuba University, Japan)
Prof. Koichi Ozaki (Utsunomiya University, Japan)
More details: JRMCFP_29-04_ext.pdf
Submit papers: e-mail to email
Inquiry: JRM Contact form or e-mail to robot@fujipress.jp JRM Editorial Office

Focus:
本特集では,公道における実験を通して積み重ねられた,確実に動くシステム構築とその制御手法を世界に発信することを目的としている.実世界における自律移動ロボットの公開実験「つくばチャレンジ」は2013年からの第二ステージとして,安全な移動に加えて人物探索という新たな課題が追加された.2015年は大雨の中での本走行となり,真の実力が試されたが課題を達成するロボットが無かった.ロボットは研究室と異なるつくばチャレンジの実験環境で,確実に機能するシステムやプログラムが要求される.すでに論文で示された手法であっても,確実に動作する保証がないことから,つくばチャレンジでの走行実験はそれらを明らかにしてくれるものと期待する.そこで,課題達成チームはシステム構成と制御手法を,惜しくも達成できなくとも失敗の検証を明確に行っていただき,それによって得られた知見が有用なものであれば本特集号に掲載します.ご投稿をお待ちしています.

*This site is desgined based on HTML5 and CSS3 for modern browsers, e.g. Chrome, Firefox, Safari, Edge, IE9,10,11, Opera.

Last updated on Mar. 28, 2017